オリエント 最新 ネタバレ 感想 第57話「竜の字」

Pocket

スポンサーリンク

投稿日:2022年01月06日 更新日:2022年01月06日

2019年8月21日発売の週刊少年マガジン2019年38号「オリエント」第57話「竜の字」のネタバレ感想です。

スポンサーリンク

57話の続き、オリエント 最新 ネタバレ 感想 第58話のネタバレ感想はこちら

57話の前話、オリエント 最新 ネタバレ 感想 第56話「船上の屈辱」のネタバレ感想はこちら

スポンサーリンク

オリエント 最新 ネタバレ 感想56話のおさらい

島津を小隊長にして鬼退治に向かう事になった武蔵

その出発した船には直江も乗っていて・・・

さらに理不尽な命令を出してくる島津に武蔵は怒りを感じるが小隊から孤立してしまう

そんな武蔵達の前に海から鬼が現れる!!

スポンサーリンク

オリエント 最新 ネタバレ 感想 第57話「竜の字」

船を見下ろす巨大な鬼の強襲

その圧倒的な巨体に一緒にいた雉之介は顔面蒼白

しかし現れたこの怪物も鬼なので角を折れば終わりのはず

武蔵は早速そびえたつ巨大な角に持ってる鬼鉄刀から技を放つ

エネルギーを放出する閻魔大太刀

放たれた武蔵の攻撃は鬼の角に当たるものの簡単に跳ね返されてしまう

鬼鉄刀の攻撃が弾かれる・・・武蔵には意味がわからない

でも実際い武蔵の攻撃は鬼には全く通用しない

スポンサーリンク

その頃上杉軍紫龍城では

出発した第一陣

その第一陣の戦況を確認しようとする島津家、有馬家、大友家の面々

報酬の釣り上げ交渉に意気揚々と紫龍城の作戦司令部に乗り込んでくる

そこに現れたのは団長の上杉竜臣と軍師の宇佐美黒子

説明するのは軍師の黒子

それは淡路島の小鬼退治

その小鬼の角は非常に硬く普通の武士では折ることはできない

第一陣の人数はたったの300人

状況を説明していく黒子

その第一陣を率いるのは直江兼竜

その説明を聞いた島津、有馬、大友の面々は直江は文官であり戦闘に全く役に立たないと指摘

したがってこの第一陣は捨て駒

上杉竜臣に追求する

それを黙って聞いていた上杉は

スポンサーリンク

小鬼の強襲は続く

淡路島に続く道で小鬼の強襲は続く

武蔵は何度も鬼鉄刀で小鬼に挑むがことごとく跳ね返されてしまう

直接鬼の頭に登って鬼鉄刀で角への直接攻撃をするも折ることはできない

何度も何度も鬼の角を折ろうとするがびくともせず無傷

武蔵はこんなはずじゃなかった・・・苦労した刀の試しの合格

そして自分も鬼と戦えるというよろこび

でも、小鬼に全く通用しない現実に直面する

大勢の武士が小鬼の角を斬ろうと試みるが全く歯が立たず

その中の無力な一人になってしまった武蔵

そんな小鬼の角にまたがり攻撃し続ける武蔵に別の小鬼が大口を開けて向かってくる

武蔵は角を折ることに必死で気が付かなかった

やられる・・・武蔵は本能的にもうダメだと悟が

ひゅい

そこに閃光と共に何かが通り過ぎ武蔵がまたがっていた角と襲いかかってきた鬼の角を折り通り過ぎていく

その光景を呆然と見つめる武蔵

攻撃を繰り出した武士は

スポンサーリンク

紫龍城の竜臣

第一陣を捨て駒だと言う島津、有馬、大友たちに口を開く竜臣

なぜ自分が直江兼竜に第一陣を任せたのか

それは単純に直江兼竜が誰よりも強いからだと語る

上杉での戦場の戦功は一番多く上杉軍のなかで最強の三人の一人

スポンサーリンク

武蔵の前に舞い降りる龍神

鬼鉄刀を手に普段は前髪で隠れてる額があらわになった兼竜

そこには龍の刺青が入っている

上杉軍で一番の戦功をあげても全く恩賞を受け取らなかった兼竜

代わりに団長から「竜」の字を受け取っていた

その圧倒的な戦闘力

兼竜「やれやれ・・・槍働きは俺の本分ではないんだが」

小鬼を睨みつけるように見上げた兼竜は面倒そうに言った

上杉武士団赤刀一位

直江兼竜

見参!!

オリエント 最新 ネタバレ 感想 第58話はこちら

スポンサーリンク

オリエント 最新 ネタバレ 感想55話のおさらい

武蔵が所属する小隊の隊長は島津に決定

その島津と意見が合わない武蔵は小隊の中でも孤立してしまって・・・

スポンサーリンク

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ



コメントを残す